地盤調査部門

特定有害物質と毒性及び健康障害について

  特定有害物質 土壌溶出量基準
(mg/l)
  
土壌含有量基準
(mg/kg)
  
毒性及び健康障害
  《汚染地下水等の摂取》   《汚染土壌の直接摂取》    
第一種特定有害物質 四塩化炭素   0.002 以下       径口、径皮、吸入:皮膚、循環器系・呼吸器系・血液・目・臓器に影響
1,2-ジクロロエタン   0.004 以下       麻酔剤のような作用を示し、肝臓・腎臓・循環器系に損傷を与える
1,1-ジクロロエチレン   0.02 以下       4000ppm以上の吸入:即発性の神経衰弱・意識喪失
シス-1,2-ジクロロエチレン   0.04 以下       高濃度の吸入:麻酔作用・肝機能障害
1,3-ジクロロプロペン   0.002 以下       50%致死量(ラット径口):140mg/kg
ジクロロエタン   0.02 以下       20000ppm・30分の吸入:強い麻酔作用
軽度の暴露:吐き気・知覚障害・昏睡等
テトラクロロエチレン   0.01 以下       急性高濃度暴露:不快感・めまい・意識喪失・脱力感・記憶力低下等
1,1,1-トリクロロエタン   1.00 以下       50%致死量(ラット径口):10300mg/kg
1,1,2-トリクロロエタン   0.006 以下       マウス強制径口投与:肝細胞ガン・副腎褐色芽細胞腫が発生
トリクロロエチレン   0.03 以下       15~25ml:嘔吐・腹痛・一時的意識不明
50~100ppm以上暴露:関節異常感・不安感増大
ベンゼン   0.01 以下       高濃度暴露:頭痛・悪心・痙攣後、昏睡死亡
第一種特定有害物質 カドミウム及びその化合物 Cd : 0.01 以下 Cd : 150 以下 径口摂取中毒量 15mmg:悪心・嘔吐
六価クロム化合物 Cr6+: 0.05 以下 Cr6+: 250 以下 大量摂取:嘔吐・下痢・痙攣・昏睡等をおこして死亡
シアン化合物 CN : 検出されないこと  CN : 50 以下 致死量 HCN:50~60mg KCN:150~300mg
中毒症状:めまい・頭痛・意識喪失・痙攣
水銀及びその化合物 Hg : 0.0005 以下 Hg : 15 以下 発癌性が高く、金属の場合、10mg/m3の空気中水銀濃度で、歯茎の炎症・口内炎・嘔吐・腹痛・下痢・神経障害
(アルキル水銀)   検出されないこと         
セレン及びその化合物 Se : 0.01 以下 Se : 150 以下 セレン化水素の場合:常温気体1ppm濃度で、悪心・めまい・倦怠感
鉛及びその化合物 Pb : 0.01 以下 Pb : 150 以下 径口致死量 10mg程度:嘔吐・下痢・血圧低下・乏尿・昏睡
砒素及びその化合物 As : 0.01 以下 As : 150 以下 70~200mg摂取:嘔吐・下痢・脱力感・筋肉痙攣・心室性不整脈・皮膚のびらん等が現れ、昏睡後死亡
フッ素及びその化合物 F : 0.8 以下 F : 4000 以下 100mg以上:腹部激痛・嘔吐・悪心
2500mg以上:中毒死
ホウ素及びその化合物 B : 1 以下 B : 4000 以下 ホウ酸中毒:1~3g 径口致死量:15~20gで悪心・嘔吐・腹痛等
第一種特定有害物質 シマジン   0.003 以下       50%致死量(ラット径口):971mg/kg
チウラム   0.006 以下       50%致死量(ラット径口):560mg/kg
チオベンカルブ   0.02 以下       50%致死量(ラット径口):920mg/kg
PCB   検出されないこと        発癌性・肝毒性・免疫毒性・生殖毒性
有機リン化合物   検出されないこと        しびれ・協調不能・頭痛・めまい・震え・吐き気・発汗・視覚不良・ 呼吸困難・呼吸抑制・心拍異常・意識喪失や失禁・痙攣後、死亡

地盤調査部門

お見積もり、お問い合わせ、資料請求は [お電話でのお問い合わせは076-429-2511]

ページの先頭へ戻る