業務部門

WORK SECTION

地盤調査

宅地地盤調査

宅地地盤の必要性に関して

住宅建設予定位置における、地耐力の検討なしに基礎の設計はできません。また、建設を予定している土地の地盤情報を把握しておけば、施工前に適切な対策を講じることが可能となります。
たとえ地盤が軟弱な場合でも、正確な情報により、どの程度の対策が必要であるかを見極めることができ、過剰な対策工事による不必要な出費を避けることが可能となります。

宅地地盤調査・写真

当社では、地質図、地盤図、地形図等の既存資料から、住宅建設予定位置付近の地盤形成過程を推定し、盛土以下の地盤における地質や土質の概略を把握します。また、地形解析による敷地の安定性調査(土砂災害発生の危険性調査)を行なった上で、原位置試験として広く用いられており、土の硬軟、締まり具合、土層の構成を判定可能なスウェーデン式サウンディング試験結果を基にした、基礎地盤の総合判定を行ないます。(右写真:スウェーデン式サウンディング試験)

総合判定の結果地盤の支持力が不足していた場合には、基礎工事を行なう前に地盤改良を行なう必要が生じます。当社では、地盤改良工事に必要となる固化材の添付量の検討を行なうために、地盤から採取した試料を用いて配合試験を行ない、地盤改良に必要な固化材の添加量、地盤改良厚さ等を算定いたします。

地盤の許容支持力と地盤内応力の対比図地盤の許容支持力と地盤内応力対比図